応急処置でトイレを改善~難しいなら水道救急センターを待つ~

トイレの非常事態は水道救急センターにお任せ~確かな技術がある~
トイレの非常事態は水道救急センターにお任せ~確かな技術がある~
トイレの非常事態は水道救急センターにお任せ~確かな技術がある~

トイレの状態を確認する

故障する前兆や流したものを考えて大まかな原因が分かったら、トイレの症状を確認しましょう。戸建て住宅と賃貸住宅では症状の出方も異なります。ここでは賃貸住宅におけるトラブルを見てみましょう。

賃貸住宅における故障症状の確認方法

水を流してみる

前述した判断方法でトラブルの原因が便器だと分かった場合で、かつそのトイレが賃貸住宅のものである場合には、まず少しずつトイレに水を流してください。一度に流すと水が便器から溢れてしまうので、加減をしながら半分ほどまで水を溜めましょう。もしも原因が排水管にあるなら、水を流すのは危険なので注意が必要です。

水の引き具合を確認する

次に、便器に溜めた水がどうやって引いていくかを見て症状を確認します。トイレにトラブルが発生しているときの水の引き方は3種類に分けられます。1つ目は除々に水が引いていく流れ方、2つ目は一度水位が上昇して引いていく流れ方、3つ目は全く水位が変わらないというものです。流れるまで時間がかかるかもしれませんが、どんな症状が出ているか確認しましょう。

これらの症状が見られたら、トイレの詰まりである可能性が高いです。詰まりの場合は自分で応急処置ができますが、間違った処置を行なうことでトイレの症状を悪化させるかもしれません。そのため、水道救急センターに依頼した方が良いでしょう。

自分でできる応急処置法~トイレ編~

水道救急センターに修理してもらうまでトイレに入るのを我慢できない場合があります。身近なものでできる応急処置について知っておきましょう。

応急処置法一覧

~其の壱~【ラバーカップ編】
まず、便器の排水口を塞ぐようにラバーカップをくっつけます。このときなるべく隙間が開かないようにするのがポイントです。その後、ゆっくりカップを押しこみ、勢いをつけて引っ張ります。トイレットペーパーが詰まっている場合これを繰り返すことで水が流れるようになります。もしも別のものが詰まっている場合、ラバーカップで排水が改善されてきたからといって詰まっていたものを流そうとすると、排水管が詰まる危険があります。流さずに取り除いてください。注意点は他に、水が溢れそうになっているときはラバーカップを使用しないということです。排水弁が開いて汚水の量が増える可能性があるので、まずはポンプを使用して水の量を減らしましょう。
~其の弐~【ワイヤーブラシ編】
まずは周囲に汚水が飛び散らないよう、ビニールなどで養生します。養生が終わったら、ワイヤーブラシを2mほどの長さまで伸ばしていきます。トイレの底に向かって伸ばしますが、このときただ真っ直ぐ伸ばすのではなく、ねじりながら行なってください。このとき念頭に置くポイントは、市販されている家庭用のワイヤーブラシは柔らかいということです。十分な強度がないため2、3m以上先の詰まりは取り除きにくく、内部でもつれやすくなるので注意が必要です。内部に差し込んだ後は、詰まっているものを引っ掛けて取り除くようワイヤーを前後に動かしてください。便器にものが詰まっているならこれで症状が改善されます。その後、ワイヤーブラシを丁寧に掃除して作業完了です。
~其の参~【高圧洗浄機編】
トイレの詰まりを解消する場合他の方法でも汚水が飛び散る可能性がありますが、高圧洗浄機は水を勢い良く噴射する機械なので特に飛び散りが酷くなります。作業の前にはゴミ袋やビニールを利用してきちんと養生してください。作業をするときにはまず、ホースの先端を便器の曲がっている部分まで差し込みます。高圧洗浄機には様々なタイプがありますが、ホースが真っ直ぐになっているものはトイレの内部まで差し込むことができないので、先端が曲がっているタイプを選びましょう。中までしっかりと差し込んだ後は、スイッチを入れて詰まっているものを勢い良く流します。注意する点は、トイレットペーパー以外を流した場合に行なうと排水管が詰まる原因になるということです。
~其の四~【ぬるま湯編】
ラバーカップで解決できなかった詰まりも、ぬるま湯を使用して直る場合があります。作業中には化学反応が起きるので、事前にドアや窓を空けてしっかりと換気を行ないましょう。準備が整ったら重曹4分の1カップ、お酢2分の1カップ、便器の半分ほどの量のぬるま湯を用意します。材料を用意した後は、取り除ける異物をなるべく取り、重曹、お酢、ぬるま湯の順番で便器へ流し込んでいきます。このとき泡が発生しますが、二酸化炭素なので安心してください。液を入れた後1時間ほど放置することで次第に異物が溶かされていきます。そうするとラバーカップを使用して詰まりを解消することが可能です。もし、改善が見られないなら排水管の問題が考えられます。

便器に熱湯はNG!

やかん

トイレの汚れを落とす場合や異物を溶かす場合、水よりもお湯を使用した方が効果的ですが、温度は高ければ良いという訳ではありません。もしも便器に熱湯をかけてしまうと便器が割れる危険性があります。便器というのは陶器でできているため、熱湯をかけると膨張し、割れてしまうのです。詰まりの解消やトイレの清掃は業者が行なえますが、もしも便器が割れてしまうと修理は困難で買い替える必要があります。そうならないためにも熱湯の使用は絶対に避け、ぬるま湯を使うようにしましょう。ぬるま湯というのは手で触れて少し熱いと感じる程度の温度です。

TOPボタン